【熊本 インプラント ネット】インプラントとは

熊本インプラント ネット
熊本 インプラント コンテンツ
インプラントについて インプラントとは
インプラントと従来の治療の違い 従来の治療との違い
インプラントの種類 インプラントの種類
インプラント治療の流れ 治療の流れ
インプラント手術でCTを撮るのは何故 CTを撮るのはなぜ
インプラントの料金について 料金について
インプラント治療は痛いですか? 手術は痛い??
歳をとってもインプラントはできますか 年をとってもインプラントっていいの?
インプラントQ&A インプラントQ&A
インプラントを受ける場合の医院の選び方 インプラントの治療を受ける歯科医院の選び方
けやき通り歯科医院のインプラント
けやき通り歯科医院の院長紹介
インプラント治療をされた患者様の声
インプラント 相互リンク リンク
熊本 インプラント ネット HOME
■インプラントの歴史(裏話も)
■なぜインプラントは骨とくっつくの?
■噛む力はどれくらい回復する?
 簡単に言うと、歯が抜けた場所のアゴの骨に小さな穴を開け、そこに人工の歯根(ねっこ)を植え込み、アゴの骨とくっつくのを待ってその人工歯根の上に歯(冠)をかぶせます。
 
 材質は骨と親和性がよくアレルギーをほとんどおこさないチタンが使われています。
 
 歯を失った後、残された治療は過去、周囲の歯を削るブリッジか、周囲の歯にバネをかける義歯という選択肢しかない時代が長くありました。従来の2つの方法にインプラントという新しい3つ目の方法が加わったのは遠くスウェーデンにおいて40年前、日本においては20年ほど前になります。そして年々進化してきました。
インプラントの歴史(裏話も)
1952年にスウェーデン イェテボリ市にある応用生体工学研究所所長のブローネマルク博士により発見
1965年より歯科分野でインプラントの治療がスウェーデンから始まりました。
ブローネマルク教授

 この革新的で最先端の治療法インプラントは、歯がない状態から喜びに満ちた楽しい笑顔と楽しい食生活、若々しい健康的な表情を取り戻すことができる信頼性の高い治療法です。
 
 また、お伝えしたい大切な考え方として、予防歯科が定着している今日、歯をむし歯や歯周病で失う可能性は年々減ってきていることを臨床家として実感しています。特に最初に歯を失ってしまったとき、従来のブリッジで処置することで、周りの健康な歯をたくさん削ってしまい、その結果そう遠くない将来失ってしまう。そんな悲しい事態を避ける事ができるのがインプラントなのです。最初の一歩が大切なのです。
 
 数年前にノーベルバイオケア社のCEOでブローネマルク教授の右腕だった、Dr.ネルソンが熊本の我が師匠中村社綱先生の元にこられた際に、インプラントが何故歯の代わりになるのか発見したか、という話しを直接お聞きする機会がありました。
 
スウェーデンのブローネマルク教授は医者で歯医者ではありません。彼は骨折の研究をウサギの骨で研究していて、骨折からいかに骨が再生するかを研究するために、生きたウサギに埋め込んだチタンのフレームの中に観察用のカメラを入れていたそうです。実験の期間が終わり、チタンのフレームを外そうとしたら、なんと骨とチタンがひっついていて、高いチタンのオリジナルのフレームを泣く泣く壊して外したそうです。
そこで、天才ブローネマルク教授は、ここでひらめいたとか。チタンが骨とひっつくなら、歯の代わりになるのではないだろうか。
 
 慎重に10年間の動物実験を繰り返した後、初めてブローネマルク・システムによるインプラントの治療を受けたのは、ヨスタ・ラーソンという34歳の男性です。生まれつきの病気のため、あごの骨が弱く、歯も数本まばらに生えていただけで、食事や会話に不自由な生活をされていた患者様です。
 
 ブローネマルク教授にとって初めてのインプラント治療であることを了承したうえで、1965年にラーソン氏は上下の顎にインプラントを埋入する手術を受けました。後でラーソン氏はブローネマルク教授にこう言ったそうです。「私の人生は変わった。食べられる。そしてしゃべられる。すべて私の人生はもう一度生まれ変わった」と。結果、ラーソン氏は新しい人工の歯で、それまでの悩みを解消でき、亡くなるまで41年間問題なく機能したそうです。
 
ラーソン氏とブローネマルク教授
ラーソン氏(左) と ブローネマルク教授(右)
 全く歯がない方へのインプラントが確立した後、部分的な歯の喪失への応用はDr.ネルソン達のグループが始めたそうです。強盗事件の中の乱射により不幸に顎の骨の一部と歯のあらかたを失ってしまった若い患者さんの同意を得て、顎の骨にインプラントを入れる実験をしたそうです。そして若くして歯を失い入れ歯の生活を送っていたその患者さんが、まるで自分の歯のようにかめることが分かり、ネルソン教授達も本人も大変喜んだそうです。
 
 そうして本格的な歯科インプラント治療が始まりました。彼の発見がなければひょっとして今でもインプラントはこの世になく、入れ歯生活でお困りの方が沢山いらっしゃったかも知れません。
なぜインプラントは骨とくっつくの?
チタン表面のでこぼこ具合が骨を造る細胞が住みやすい状態を作ります。
 このようにチタンと骨がくっついてしまうことをオッセオインテグレーション(骨性統合)といいます。ちなみにこの言葉もブローネマルク教授が名付け親です。この現象のためにインプラントは歯の代わりに機能することができるのです。
 
 また、骨は歯があることでかむストレス(継続的なかむ力)が加わっているとやせない性質があります。逆に歯がなかったり入れ歯がその上に乗っかっていると骨はどんどんやせてしまうのです。ところが、歯がなくなっても、インプラントが植立されている顎では、歯と同じようにかむ力が継続的に加わるので、入れ歯のように顎の骨が減ることはありません。
チタン表面のでこぼこ具合が骨を造る細胞が住みやすい状態を作ります。
かむ力はどれくらい回復する?
 入れ歯の治療においてもっとも重要な咀嚼力(咬む力)は、自分の歯(天然歯)と入れ歯、インプラントを比較した臨床研究によると、天然歯を100%とした場合、入れ歯はわずか10%の力でしかかめませんが、インプラントでは自分の歯とほぼ同じくらいの力が回復します。
 
QOL(Quality of Life=生活の質)という言葉があります。簡単に言うと「人が充実感や満足感を持って日常生活を送ることができること」ですが、つまり老後ただ生きていくだけでなく、どの程度生活の楽しみがあるのか、歯科的に言えば食べ物をおいしく食べられるか、ということになります。このQOLの点でいえばインプラントは入れ歯を遙かにしのぐのです。
 
けやき通り歯科医院の患者様でも入れ歯からインプラントへ変わった方がいらっしゃいますが、みなさんインプラントにして良かった、と言って頂いています。
Copyright(c)2008 Yoshirow Nishimura All rights reserved
インプラントって?|従来の治療との違い|インプラントの種類|治療の流れ|CTを撮るのはなぜ|料金について|手術は痛い??|年をとってもインプラントっていいの?|インプラントQ&A|インプラントの治療を受ける歯科医院の選び方|けやき通り歯科医院のインプラント|けやき通り歯科医院の院長紹介|インプラント治療をされた患者様の声|リンク|熊本インプラント

熊本インプラント NET:監修歯科 医療法人 幸良会 けやき通り歯科・矯正歯科