【熊本 インプラント ネット】インプラントの治療を受ける歯科医院の選び方

熊本インプラント ネット
熊本 インプラント コンテンツ
インプラントについて インプラントとは
インプラントと従来の治療の違い 従来の治療との違い
インプラントの種類 インプラントの種類
インプラント治療の流れ 治療の流れ
インプラント手術でCTを撮るのは何故 CTを撮るのはなぜ
インプラントの料金について 料金について
インプラント治療は痛いですか? 手術は痛い??
歳をとってもインプラントはできますか 年をとってもインプラントっていいの?
インプラントQ&A インプラントQ&A
インプラントを受ける場合の医院の選び方 インプラントの治療を受ける歯科医院の選び方
けやき通り歯科医院のインプラント
けやき通り歯科医院の院長紹介
インプラント治療をされた患者様の声
インプラント 相互リンク リンク
熊本 インプラント ネット HOME
■診査、診断、説明がきちんとしている。
■メインテンスの重要性をきちんと伝えてくれる。
■インプラント医が熱意と勉強、経験がある。
診査、診断、説明がきちんとしている。
 これは、歯科医師の話をよく聞かなければ分かりませんが、ここでわかりやすく話しをしてくれるか、手術を受けるご自身が納得できる説明であるかが大切です。特に理解していただきたいのはかむ力のコントロールが大切だということです。なぜ歯を失ってしまったのかを担当の歯科医師が把握できていなければ、インプラントも同じ理由で失うこともあからです。
 
 元々のかむ力をコントロールはできませんから、かむ力がかかるところにはそれに対応したインプラントの形状と本数が必要です。もちろん神経や血管など解剖的に配慮することは欠かせませんし、そのための費用は余分にかかりますが、CT撮影なども近年必須とされています。
 
 歯科医師に聞きにくいことをトリートメントコーディネーターや、担当の歯科衛生士に相談しやすいことも、ポイントの様です。
歯周病の治療を歯科衛生士と一緒にしっかりやっている。そしてインプラントが入った後のメインテンスの重要性をきちんと伝えてくれる。
 インプラントはむし歯にはなりませんが、歯周病にはなり得ます。
インプラント周囲炎といわれるものです。これが進行するとせっかく高い費用をかけたインプラントを失うこともあり得ます。
 
これは、元々歯周病で歯を失った方に多くみられるとされていますが、多くの日本人が症状はなくても進行度の差こそあれ歯周病にかかっているものです。ですから、インプラント周囲炎を防ぐためにも歯周病の治療をきちんと行った上でオペを行い、その後もインプラントを長く機能させるために、定期的な歯科衛生士による清掃(メインテナンス)はかかせません。
インプラント医が熱意と勉強、経験がある。
 それなりの経験と十分な研修を受けている必要があります。そして学び続ける姿勢が大切だと思っています。おそらく勉強している歯科医師は年間数百万を勉強に費やしているでしょう。国内での研修も年間を通して100万前後が普通ですし、海外での研修は一度で100万を軽く超えます。
 
 私自身の話で恐縮ですが2度行ったフィンランドのむし歯予防研修は1度で7,80万合計160万程度でしたが、2006年のスイスのインプラント研修は一度で150万近くかかり結構きつかったです。しかしインプラントの世界は日進月歩のため、新しい情報が安全安心確実なインプラント処置のために欠かせないのです。だからこそ、インプラントの治療費が高いという側面があるのはご理解いただければ、と思います。
 
 そしていくつかあるインプラント学会に認定医制がありますが、日本矯正学会等の歴史ある学会に比べまだ定義が不十分なようです。それは国内のインプラント専門医で世界的に有名な先生たちが認定医・指導医をあまり取得されていないことでも明らかです。インプラントの学会自体が玉石混合といわれるせいもあるでしょう。しかし、いずれはヨーロッパのEAOなどのようにきちんとした組織が日本でも成熟する時期が来るでしょう。そのときにこそ資格をとりたいと思っています。
 
 また、この辺の判断は難しいのですが、その歯科医師、歯科医院の力量に合った症例をこなしているか、限界を知っているかも大切です。当たり前のようですが、そうでないこともあるのです。
 
 歯を失った理由は様々ですが、歯を失うときにいっしょに骨をたくさんなくしてしまうケースも多いものです。骨を失い、神経や血管が近いなどの問題で難症例になるケースもけっこうあります。すべての患者様にインプラントの手術ができる歯科医師を私は日本でも海外でも見たことがありませんし、あり得ないと思っています。インプラントセンターといわれる専門機関(そうでないインプラントセンターもあるので要注意)ではかなりの難症例をオペします。でもできないケースももちろんあるのです。
 
 私たち多くの一般の歯科医院、インプラント医(専門医でない)は、ある程度の勉強・経験を積んでいても、だからこそ自分でできる範囲の仕事をきちんとこなすことが大切だと思います。ですから骨があまりになかったり、全身的な疾患等で難症例の方は費用は余計にかかりますが患者様の安全・安心のために、上位施設にお願いする場合もあります。
 
 当院では世界的に有名なインプラントセンター九州の中村社綱先生にお願いしています。このような専門の高度医療を行う医療機関は熊本でも他にもいくつかあります。しかしながら専門医、認定医、インプラントセンター等を標榜していても、高度医療を十分に行うことができない所もありますので、難しいインプラントは信頼できるかかりつけのインプラント医から、紹介してもらうのが安心です。
Copyright(c)2008 Yoshirow Nishimura All rights reserved
インプラントって?|従来の治療との違い|インプラントの種類|治療の流れ|CTを撮るのはなぜ|料金について|手術は痛い??|年をとってもインプラントっていいの?|インプラントQ&A|インプラントの治療を受ける歯科医院の選び方|けやき通り歯科医院のインプラント|けやき通り歯科医院の院長紹介|インプラント治療をされた患者様の声|リンク|熊本インプラント

熊本インプラント NET:監修歯科 医療法人 幸良会 けやき通り歯科・矯正歯科