【熊本 インプラント ネット】従来の治療とインプラントの違い

熊本インプラント ネット
熊本 インプラント コンテンツ
インプラントについて インプラントとは
インプラントと従来の治療の違い 従来の治療との違い
インプラントの種類 インプラントの種類
インプラント治療の流れ 治療の流れ
インプラント手術でCTを撮るのは何故 CTを撮るのはなぜ
インプラントの料金について 料金について
インプラント治療は痛いですか? 手術は痛い??
歳をとってもインプラントはできますか 年をとってもインプラントっていいの?
インプラントQ&A インプラントQ&A
インプラントを受ける場合の医院の選び方 インプラントの治療を受ける歯科医院の選び方
けやき通り歯科医院のインプラント
けやき通り歯科医院の院長紹介
インプラント治療をされた患者様の声
インプラント 相互リンク リンク
熊本 インプラント ネット HOME
ブリッジ
 違和感は非常に少なく、ご自分の歯とほぼ同じ様な噛みごたえですが、健康な歯を削らなければなりません。場合によっては神経を取る必要もあります。また、2本で3本分の仕事をしなければならないので、土台の歯が弱ってしまうことが多いのです。条件として両隣りに自分の歯が無いと出来ません。また両隣に歯があっても神経をとっていてかなり歯の残りが少なく弱っている場合、もしくは歯周病が進行し、ぐらぐらしている場合はできないことがあります。
周りの健康な歯を削ってブリッジにします
取り外し式の入れ歯
 歯を削る量は少なくて済みますが、食べ物のかすが詰まりやすい、食事の時に動きやすい、食べ物の味がわかりにくいなど違和感が大きく、また使っているうちに隣の歯に対する負担が大きくなることがあります。例えば釘に釘抜きをかけて揺さぶっていると、どんなに頑丈に打ち込んであった釘でもいつかは引き抜かれてしまうものです。
歯も同じで、バネがかかった歯は時間の差こそあれ、弱ってしまうのです。
入れ歯を固定するための針金が見た目にも不快です
最近の研究で1本歯がなくなった場合、ブリッジと入れ歯、インプラントがどのくらい持つか長期の研究結果が発表されました。
短い順から、ブリッジ、義歯、インプラントとなったそうです。
当然の結果ですが、義歯のバネがかかっている歯の悪くなった原因はむし歯だそうです。バネ等がかかり歯ブラシしにくいこと、力の負担が増し、歯に細かいクラック(破折)が起こりそこに細菌(プラーク)が住み着き、進行・・ということでしょう。
ちょっと分かりにくいですが、総義歯(総入れ歯)です。
インプラント
 インプラント自身で歯を支えることが出来ますので、隣の歯に負担をかけることがありません。また、噛み心地もご自分の歯にかなり近い感触が得られます。
健康な歯をまったく削ることなく、歯の無い部分にインプラントをいれます
針金付きの入れ歯ではなく、歯の無い部分に適切な数のインプラントをいれ、固定式の人口歯を取り付けます
数本のインプラントを入れて入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます
Copyright(c)2008 Yoshirow Nishimura All rights reserved
インプラントって?|従来の治療との違い|インプラントの種類|治療の流れ|CTを撮るのはなぜ|料金について|手術は痛い??|年をとってもインプラントっていいの?|インプラントQ&A|インプラントの治療を受ける歯科医院の選び方|けやき通り歯科医院のインプラント|けやき通り歯科医院の院長紹介|インプラント治療をされた患者様の声|リンク|熊本インプラント

熊本インプラント NET:監修歯科 医療法人 幸良会 けやき通り歯科・矯正歯科